特定非営利活動法人 日本コクランセンター(コクランジャパン)・Wiley共催

コクランセミナー

フェイクニュース時代の医療情報:
信頼できる情報源 コクラン・ライブラリー

日時: 2018年12月7日(金) 14:00 – 17:00
会場: TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール13B
入場無料
下の「参加を申し込む」ボタンからお手続き下さい

セミナー内容

メディアやSNSを通じて流通する「フェイクニュース」の問題が広く認識されるようになった昨今ですが、その以前から、医療・健康に関わる分野では、科学的な根拠に乏しく場合によっては健康被害を与えかねないような情報がしばしば出回ってきました。

このセミナーでは、まず『健康になれない健康商品 なぜニセ情報はなくならないのか』(春秋社・2016年)の著者でサイエンスライターの佐藤 健太郎氏が、そういったニセ健康情報の事例とリスクを論じます。

一方、医療においては、科学的なエビデンスに基づく妥当性・信頼性の高い情報を参照する必要があります。そのような医療情報の代表格として知られるのが、国際的非営利団体コクランが提供するコクラン・レビューです。オークランド大学のAndrew Jull教授は、看護分野での良質なエビデンスの利用について、またコクランジャパンの渡辺代表理事は、信頼できる研究情報の流通のためにコクランが果たす役割についてそれぞれ解説します。

最後に、コクラン・レビューを中心とする医療情報データベースのコレクション「コクラン・ライブラリー」(The Cochrane Library)の提供元であるWileyの岩崎マネージャーが、今年8月のリニューアルで利便性が高まったコクラン・ライブラリーの収録コンテンツと利用法を紹介します。


開催要項・会場

コクランセミナー 「フェイクニュース時代の医療情報: 信頼できる情報源コクラン・ライブラリー」
共催: 特定非営利活動法人日本コクランセンター(コクランジャパン)、Wiley

  • 2018年12月7日(金) 14:00 – 17:00 (13:30 開場)
  • TKP赤坂駅カンファレンスセンター ホール13B (東京メトロ千代田線 赤坂駅 5a出口直結)
  • ご案内チラシ (PDF) 

アクセス・地図

演題・講師

(顔写真のクリックで略歴を表示)

ニセ健康情報と向き合うために

佐藤 健太郎(サイエンスライター) 

The role of evidence and Cochrane in nursing care (看護ケアにおけるエビデンスとコクランの役割)

Andrew Jull(ニュージーランド・オークランド大学 看護学部教授) * 英語・逐次通訳つき

研究情報の信頼性とコクラン

渡辺 範雄(コクランジャパン代表理事 / 京都大学大学院医学研究科 准教授)  

利便性を高めた新しいコクラン・ライブラリーのご紹介

岩崎 治郎(ワイリー・ジャパン シニア・マーケティング・マネージャー) 



当セミナーに関するお問い合わせ先

ワイリー・ジャパン (マーケティング)
〒112-0002 東京都文京区小石川1-28-1 小石川桜ビル4F
TEL (03) 3830-1274 / E-mail: marketing@wiley.co.jp