AGU Publicationsで出版された、日本で最も影響力のある研究者や研究機関による論文をご覧ください!

AGU Publicationsは、長年にわたり、日本で行なわれた最良の研究成果を出版してきました。現在もなお、日本の研究機関の数多くの研究者による論文を出版していることを、AGU Publicationsは誇りとしています。2009~2015年にAGU Publicationsで論文を出版した特に影響力の高い日本の研究者および所属機関をご覧いただくとともに、そういった著者らによる精選論文への無料アクセスをお試しください。

AGU Publicationsの出版物で特に多くの論文を出版し、被引用数が多い研究機関* (抜粋・ ABC順)

Chiba University

Ehime University

Hokkaido University

今回選ばれた日本のトップ研究機関・著者の完全なリストと、その他の注目論文にアクセスするにはここをクリックしてください
*Web of Science(SCI-E, SSCI & AHCI)による2年間の論文出版数および被引用数に基づく
AGU Publicationsの出版物で特に多くの論文を出版し、被引用数が多い著者* (抜粋・ ABC順)
H. AKIYOSHI National Institute for Environmental Studies
M. FUJIMOTO Japan Aerospace eXploration Agency
R. HINO Graduate School of Science, Tohoku University
今回選ばれた日本のトップ研究機関・著者の完全なリストと、その他の注目論文にアクセスするにはここをクリックしてください
*Web of Science(SCI-E, SSCI & AHCI)による2年間の論文出版数および被引用数に基づく
上で挙げた著者らによる注目論文を読む(抜粋・ 2016年6月30日まで無料公開中)
著者名 論文タイトル 雑誌名 出版年
H. AKIYOSHI A nudged chemistry-climate model simulation of chemical constituent distribution at northern high-latitude stratosphere observed by SMILES and MLS during the 2009/2010 stratospheric sudden warming JGR: Atmospheres 2016
M. FUJIMOTO Bursty magnetic reconnection at Saturn’s magnetopause Geophysical Research Letters 2013
R. HINO Insight into complex rupturing of the immature bending normal fault in the outer slope of the Japan Trench from aftershocks of the 2005 Sanriku earthquake (Mw = 7.0) located by ocean bottom seismometry G3: Geochemistry, Geophysics, Geosystems 2009
今回選ばれた日本のトップ研究機関・著者の完全なリストと、その他の注目論文にアクセスするにはここをクリックしてください

AGU Publicationの他の論文にアクセスする

   
HIGHLY CITED — Bounding the role of black carbon in the climate system: A scientific assessment JGR: Atmospheres 2013
Zircon and apatite thermochronology of the Nankai Trough accretionary prism and trench, Japan: Sediment transport in an active and collisional margin setting Tectonics 2013
Probability of occurrence of extreme magnetic storms Space Weather 2013
今回選ばれた日本のトップ研究機関・著者の完全なリストと、その他の注目論文にアクセスするにはここをクリックしてください

AGUのオープンアクセスのジャーナルから論文を選択する

 
CGILS: Results from the first phase of an international project to understand the physical mechanisms of low cloud feedbacks in single column models JAMES 2013
An apparent hiatus in global warming? Earth’s Future 2013
A new digital bathymetric model of the world’s oceans Earth and Space Science 2015

Share
Facebook
Twitter
Email